ファッション・雑貨【一口メモ】

賢く韓国でお買い物できる秘訣をお教えします。


QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

ファッション・雑貨【一口メモ】

 

韓国でファッション衣類やアクセサリーを買う時は、自分が普段着ているサイズと比較して買いましょう。百貨店やブランドショップではない場合、値段を交渉すれば多少値引きしてくれることもあるので、買う前に交渉してみることも必要です。ファッション衣類やアクセサリーを買う時に注意すべき点は、次の通りです。 
 

韓国旅行,ファッション・雑貨


サイズ
韓国の服のサイズ表記法は三つです。上着の場合は「S」、「M」、「L」で表記したり、85、90、95のように数字で表記したりします。婦人服の場合、55、66、77とも表記します。日本、中国、東南アジアの人の場合は、普段着ている服と同じか小さめのものを買いましょう。靴のサイズは足の大きさをmmで表わします。例えば、韓国で250mmは、米国サイズで6.5、ヨーロッパでは37.5に相当します。
 

ビッグサイズの服

 

韓国旅行,ファッション・雑貨

 

韓国の服のサイズで77サイズ(「L」サイズ)以上の衣類を選ぶ時には、ビッグサイズ専門店に行った方が良いでしょう。外国人客の多い梨泰院は、昔から「ビッグサイズ」衣類店がたくさんありました。ビッグサイズ衣類店は東大門にもあります。特に「第一平和市場」、「光熙市場」ではビッグサイズの卸売店が営業しており、「doota!」地下にはビッグサイズ専門店が20店ほど集まっています。


試着
ニット類(Knitwear)のように、試着後に服の形が変わったり伸びたりする場合を除いては、たいてい試着できます。しかし卸売店の場合、店の方針により不可能な所もあるので、試着できるかどうかを確認しなければなりません。保税店の場合、ブランド衣類よりサイズが小さめなので注意しましょう。靴やアクセサリーはほとんど試してみることができます。


交換

 

韓国旅行,ファッション・雑貨


百貨店やブランド店でない場合、交換はできても返品は難しいこともあります。買う前にサイズと服の状態をじっくりとチェックして、自分に似合う服かどうか確かめた後に選びましょう。大型ショッピングモールは店の様子が似ていてまぎらわしいので、名刺をもらっておくと、後でもう一度行く時に役立ちます。


価格
百貨店やブランド店は定価で販売しており、ショッピングモールや保税店は、場合によって定価ではない所もあり、交渉すれば定価より安く買えることもあります。卸売市場のある東大門衣類市場は、比較的値段が安いのが特徴です 。

 

価格情報
保税店の基準
1. トップス: 10,000ウォン~30,000ウォン
2. ワンピース: 20,000~50,000ウォン
3. ボトムス: 20,000~50,000ウォン
4. アウター: 40,000ウォン~100,000ウォン
5. アクセサリー1,000ウォン~20,000ウォン
6. シューズ: 10,000ウォン~50,000ウォン
※ ブランド・品質ごとに価格差があり、上記の価格はあくまでも参考です。(2010年3月基準)

 


原文は、韓国の情報がぎっしり詰まった「韓国観光公社WEBサイト」で!!
http://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/SH/whatToBuy/whatToBuy.jsp?action=item&tab=3&cid=996355


『 COPYRIGHTS (c)KOREA TOURISM ORGANIZATION. ALL RIGHTS RESERVED
http://www.visitkorea.or.kr/
 

韓国旅行,ファッション・雑貨
 
↑もっと詳しい情報は韓国観光公社のモバイルサイトで
 

 

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)