ソウル 慶熙宮

慶熙宮は朝鮮後期の離宮として光海君9年(1617年)から建てはじめ1623年に完成。慶熙宮には正殿の崇政殿をはじめ、便殿の資政殿、寝殿の隆福殿、会祥殿など大小の約100棟の建物があった。ソウル市は1987年から慶熙宮跡を発掘し続け、現在は崇政殿などの正殿エリアを復元して2002年から一般公開をしている。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

慶熙宮

 

 

 慶熙宮は朝鮮後期の離宮として光海君9年(1617年)から建てはじめ1623年に完成。慶熙宮には正殿の崇政殿をはじめ、便殿の資政殿、寝殿の隆福殿、会祥殿など大小の約100棟の建物があった。ソウル市は1987年から慶熙宮跡を発掘し続け、現在は崇政殿などの正殿エリアを復元して2002年から一般公開をしている。 


 慶煕宮周辺には小山や公園、ソウル歴史博物館があり、気軽に散策するのに最適。最近は週2回(水、土14時)テコンドー師範公演と外国人の為のテコンドー体験プログラムも行っている。 


 慶煕宮は城郭都市の西側に建てられた為、「西宮」 とも呼ばれている。これは昌徳宮が「東宮」 と呼ばれていた事からだ。朝鮮時代後期の王達は、慶煕宮を離宮として使用したが、特に英祖は治世の半分をこの地で過ごしたという。

 

 

アクセス方法 

 

 

5号線「西大門」駅4番出口徒歩10分

 

 お問い合わせ先
82-2-724-0123

 観覧時間
9:00~18:00
※但し11月?2月は17:00まで。

 

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)