陜川郡 玉田(オクジョン)古墳群

黄川の川辺の野山の頂上部に位置していて、古塚古墳 27基を含み、古墳の総数は約 1,000基に達すると推算される。この遺跡は 1985年冬から 1992年春まで 5次にわたって慶尚大学校博物館によって発掘調査が実施された。今まで発掘調査された古墳は皆 146基だが、遺物は土器を含めて鉄製の鎧と兜、各種武器、馬の装飾、耳飾りなどおおよそ 2,500余点が出土された。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

 

 

黄川の川辺の野山の頂上部に位置していて、古塚古墳 27基を含み、古墳の総数は約 1,000基に達すると推算される。この遺跡は 1985年冬から 1992年春まで 5次にわたって慶尚大学校博物館によって発掘調査が実施された。今まで発掘調査された古墳は皆 146基だが、遺物は土器を含めて鉄製の鎧と兜、各種武器、馬の装飾、耳飾りなどおおよそ 2,500余点が出土された。

この玉田古墳群の主人公は梁職貢図と日本書紀に伝えられる多羅国の支配者だったと推定される。したがってこの古墳の研究を通じて多羅国または伽揶史全般に対する再構成がある程度可能であり、出土した資料の大部分が日本の中期の古墳から出土されるものと似ているので、今後の日韓古墳文化の比較研究と、これを土台とした日韓古代史の再確立に決定的な役目をするだろう。

 

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)