悪魔を見た ムービーボーイ・トトの映画レビュー(5)

韓国映画界ゴールデンコンビ夢の競演!!

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

悪魔を見た ムービーボーイ・トトの映画レビュー(5)

 

 

みなさんこんにちは、ムービーボーイ・トトです。


さぁ、またまたやってきました!!皆さんお待ちかねの映画レビューのお時間です!!!

 

今回は、私が個人的に韓国人監督の中で一番好きな監督の作品を選んでみました!!!
 

韓国では昨年、一部残酷なシーンのせいで再編集問題まで起こり話題となりました。

 

それでは早速参りましょう~!!!

 

レッツ、アクション!!!!

 

 

韓流映画
 


悪魔を見た


監督:キム・ジウン
出演:イ・ビョンホン、チェ・ミンシク、チョン・グクファン、チョン・ホジン他


あらすじ

 

復讐という名の2つの顔、狂気の対決が始まる

 

国政院警護要員のスヒョン(イ・ビョンホン)は、婚約者であるジュヨンを残酷に殺され自分にとって一番大切な人を守れなかったという自壊感と怒りから一番残酷な復習を企む。
スヒョンは、連続殺人魔であるチャン・ギョンチョル(チェ・ミンシク)にジュヨンが殺されたことを突き止め死ぬほどの痛みを与えてわざと殺さないということを繰り返しながら凄切な戒めをはじめる。そんな中、悪魔よりさらにあくどい殺人魔チャン・ギョンチョルは、生まれて初めて出会った対等な敵の出現を楽しみながら反撃を開始するのだが・・・

 

 

 

悪魔vs悪魔の対決

 

 

韓流映画イ・ビョンホン

 

 

 

この映画の主人公は、連続殺人魔と殺人魔に婚約者を殺され復讐を抱く男。一瞬、悪と正義の対決に見えるかもしれませんが私の目には、「悪魔vs悪魔」の戦いのように見えました。チェ・ミンシク演じる連続殺人魔のギョンチョルは、誰かに構わず自分の気に入らない人間は残酷なやり方で一人残らず殺して行くというまさに悪魔そのものの人間像が描かれています。
しかし、対するイ・ビョンホン演じるスヒョンも一見、優しく誠実な感じに見えますが「復讐」という二文字が心に刻まれている彼もまた見るに見かねられないやり方でギョンチョルを痛めつけていくのです。その姿からは正義という感じはまるでうかがい知れません。
この映画を通して人間とは「怒り」や「憎しみ」という感情を抱けばどんな人間でさえ悪いように見えてしまい、人を悲しませてしまうということがわかる気がします。


 

 

韓国を代表する名俳優達の競演

 

 

韓流映画イ・ビョンホン
 

 

 

この映画で主役を抜擢し、見事に演じきったイ・ビョンホン&チェ・ミンシクのゴールデンコンビ!!この映画が公開される前から私はこの2人の演技力に大きな期待を寄せていましたがその期待を裏切りませんでした。イ・ビョンホンはこの作品の前に約6年ぶりに出演したドラマ「アイリス」で脚光を浴びたばかりでした。そこに韓国を代表する名演技で知られる映画俳優チェ・ミンシクが加わりそのカリスマ的存在によってこの映画は大きな話題を呼びました。
すこし残酷なシーンも2人の演技力があるからこそ生まれたのかもしれませんね!!!

 

 

いかがでしたか~?今回は、少し視線を変えて感動や楽しさというよりはどちらかと言うと恐怖が加わった映画をご紹介してみました。
アジアのスター、イ・ビョンホンと韓国映画界のカリスマ、チェ・ミンシク主演の話題作「悪魔を見た」皆さんもぜひ対面してみてください!!!!


 

それでは次回もお楽しみに~!!


 

 

(写真=DAUM映画)


*すべてのイメージは、引用の目的のために使用し、イメージの著作権はすべて製作社ペパーミント&カンパニーとシーズエンターテイメント、配給社ショーボックス(株)メディアプレックスにあります。
 

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)