昌寧郡 牛浦(ウポ)沼 우포늪

昌寧郡大合面(デハムミョン)、梨房面(イバンミョン)、遊漁面(ユオミョン)、大池面(デジミョン)にまたがる231km2の内陸湿地。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

昌寧郡大合面(デハムミョン)、梨房面(イバンミョン)、遊漁面(ユオミョン)、大池面(デジミョン)にまたがる231km2の内陸湿地。韓国で一番古い 1億 4千万年の前に生成された牛浦沼は約 231km2 の規模であり、韓国で一番大きい。原始そのままで保存されている自然沼である。1998年にラムサール湿地に登録指定された。公式的な生息動植物は約1,500種類余で動植物の天国である。

終りが見えないほどに広闊な沼地には多くの水草たちが顔を出している。菖蒲、葦、マコモ、ヒシ、ツノゴケ、鬼蓮、トチカガミなどが大量に育っている。沼に半分ほど浸かっている木々が原始の雰囲気をかもし出す。2008年慶尚南道で開催された世界環境オリンピックである。「2008 ラムサール総会(10.28~11.4)」の公式訪問地だった。


コメント (コメントをするにはログインが必要です。)