昌寧郡 日本紀州留学の創始者 イ・ジニョン、イ・メゲ顕彰碑

紀州留学(和歌山県)の創始者イ・ジニョン、イ・メゲの顕彰碑。 ミュージカル「玄界灘に咲いた梅花」の背景となる歴史の主人公で、日本からも訪問客が数多く訪れている。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

紀州留学(和歌山県)の創始者イ・ジニョン、イ・メゲの顕彰碑。 ミュージカル「玄界灘に咲いた梅花」の背景となる歴史の主人公で、日本からも訪問客が数多く訪れている。

イ・ジニョン先生は、400年前の壬申の乱の時に義兵でクァク・ジェウ将軍の旗下で戦い敗れ、23歳の時に捕虜となり日本に連れて行かれ辛い苦労をす るが、海善寺に定着してからは儒者ということが認められて海善寺主旨の推薦で当時和歌山藩主の徳川頼宣の侍講になって藩政を助け、学者として名を広め40 歳に日本人の女性と結婚して息子メゲを授かった。 メゲは父親の学問を受け継いでより偉大な学者になり第2代藩主徳川光貞の侍講になって多くの著述を残した。父母状(親孝行、法律を守ること、正直を第一) を書いて、藩主の名前で家々に配布して、これを覚えて実践するようにと代々350年間明治時代の教育勅語が出るまで和歌山地域の政治教育の理念になるほど に住民を教化して精神的影響力を及ぼした。

一方、92年11月の3・1民俗文化向上会の昌寧史蹟保存会側が彼の精神を称えるために霊山面 東里に顕彰碑を立てた。

また、日本の和歌山県和歌山市内にある岡公園入口の道路周辺にはイ・ジニョンとその息子のイ・メゲ親子の顕彰碑が立てられている。


2002FIFAワールドカップ記念して、4月から日本と韓国で絶賛公演中のミュージカル「玄海灘に咲いた梅花」の主人公が昔の昌寧の住民であったことが遅れて明らかにされた。

大韓伝統芸術保存会と陜川李氏宗親会(会長イ・サンフェ)によれば先月末までの3ヶ月の間、ソウル・大邱・日本の東京などで公演されたミュージカル「玄海灘に咲いた梅花」の主人公はイ・ジニョン(1571~1633年)で、霊山で生まれた陜川李氏と7日明らかにした。


大韓伝統芸術保存会が企画したこのミュージカルは、2002FIFAワールドカップの共同開催を記念するために両国の演技者約100人が共同で参加し、壬辰の乱当時に捕虜となったイ・ジニョンの波乱万丈な一代記である「波臣の涙」を劇化した作品である。

 

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)