梁山市 挿良文化祭り 삽량문화축제

挿良(サムリャン)とは1,600余年前、新羅の納祗(ヌルチ)王 2年(西紀 418年)から景徳(キョンドク)王 16年(西紀 757年)までの 340余年間使われていた梁山の昔の名前であり、当時挿良州は新羅の首都である慶州を囲んだ慶尚南北の中東部地域を管掌し、挿良は高い忠誠の意味を込めている。 ます。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

挿良文化祭り

 

挿良(サムリャン)文化祭
挿良(サムリャン)とは1,600余年前、新羅の納祗(ヌルチ)王 2年(西紀 418年)から景徳(キョンドク)王 16年(西紀 757年)までの 340余年間使われていた梁山の昔の名前であり、当時挿良州は新羅の首都である慶州を囲んだ慶尚南北の中東部地域を管掌し、挿良は高い忠誠の意味を込めている。 ます。


挿良文化祭り 挿良文化祭り

祭りは毎年 10月初の3日間、梁山市内一円と梁山川の川岸で行事が行われる。
祭りと文化、芸術の日常化を通した都市の幸せ指数を高めるために、市民が作る創造の都市梁山をテーマに華やかに祭りの行事を繰り広げる。

挿良文化祭り

竜網引き、ウェルビング文化体験など50余種のプログラムを運営し、多くの見どころと直接体験行事をしながら文化、芸術、遊び、教育が一緒に合わさった文化観光の祭りといえ、梁山の代表的な食べ物の体験展も楽しむことができる

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)