梁山市 千聖山 천성산

千聖(チョンソン)山は、梁山の最高の名山で海抜922mで昔から深い谷と滝が多く、また綺麗な山の水と美しい谷で景色が特別素晴らしいので小金剛山または第二の金剛山と呼ばれ、元曉(ウォンヒョ)大師がここで唐の国太屯寺から渡って来た千人のお坊さんに華厳経を説法して、皆聖人になるようにしたということにちなんで千聖山と称する。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

千聖山

千聖(チョンソン)山は、梁山の最高の名山で海抜922mで昔から深い谷と滝が多く、また綺麗な山の水と美しい谷で景色が特別素晴らしいので小金剛山または第二の金剛山と呼ばれ、元曉(ウォンヒョ)大師がここで唐の国太屯寺から渡って来た千人のお坊さんに華厳経を説法して、皆聖人になるようにしたということにちなんで千聖山と称する。春ならカラ紫ツツジとツツジが山を赤く染め、秋にはススキが山を覆いつくして幻想的な登山コースとして脚光を浴びている。

千聖山

特に我が国で見ることができない華厳沼(ファオンヌプ)と麦畑沼(ミルバッヌプ)は稀な花と植物(もうせんごけ)など、昆虫たちの生態がまだよく保存されていて、世界のどの国でも見ることができない生態系の宝庫だ。千聖山の山菜は、古くから王様の膳に進上されるほどに味が一品であり、特にこちらの頂上は韓半島で東海の日の出を一番先に見られる所として名がしられ、全国から日の出の光景を見るために多くの観光客が訪れる場所でもある。

千聖山
千聖山

ムルアントル村
千聖山の精気が水になって集まった梁山ムルアントル村は、村の中の静かな貯水池で都会の中で積もった煩悶をきれいに洗い流して、ムルアントル村に用意された施設を活用して陶磁器、炭工芸、木工芸などを作ることの出来る体験場と貯水池を利用した伝統自然釣り体験場、水遊び体験場、キャンプ場など、貯水池に船模様の造形物を設置してタイタニック号の写真撮影場もあります。春には山と野に色とりどりの春の花が満開になり、ワラビ、ぜんまい、オタカラコウなど、あらゆる山菜が沢山生えていて、夏には夏の作物の収穫と水遊びと魚取り、蛍取り、キャンプ等で楽しい休暇を送り、秋には月明りより白い小馬のような銀白色のすすきがゆらゆらなびくのを見ながら、秋の風情と余裕を満喫して、冬には自分の思ったとおりに陶磁器を作って窯に薪を入れる体験をすることができる余裕のある平和な村です。地域の特性を活かした伝統をテーマにした村としての変身を通して新しい活力を捜し、都市と農村の文化交流の場として地域の新しい名所です。
ホームページ:www.mulanddul.go2vil.org

村情報センター : 82-55-374-3533

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)