江南駅 Media pole

「IT+ART」22個のMedia pole 江南駅から大韓教育保険タワー方面に歩くとトルコやエジプトで見られるオベリスクに似た長い建造物があります。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

ソウル地下鉄旅行 江南駅 Media pole
ソウル地下鉄旅行 江南駅 Media pole

「IT+ART」22個のMedia pole 江南駅から大韓教育保険タワー方面に歩くとトルコやエジプトで見られるオベリスクに似た長い建造物があります。その建造物のタッチスクリーンを押すと写真も撮ることができ映画情報も得ることが出来ます。 

Media poleは、地下鉄2号線の江南駅7番出口から9号線の新論硯駅5番出口までの760mの距離の間に30m間隔で立っています。
高さ11mの棒状の建造物であるMedia poleは、映像作品を見る事のできる「デジタルメディアアート」と市民に情報と便利性を提供する「キオスク」という大きな機能に分けられます。
LED、LCD映像パネルで作られたデジタルメディアアートは、高い場所に位置しているので江南駅7番出口よりも6番出口から出て大韓教育保険タワーの十字路から良く見えます。 

企画展示を担当した管理責任者は、「街頭、電柱、表示板などで複雑だった通りをデジタル技術で一つの建造物に統合した」ものがMedia poleだと言っています。 
現在キオスクは、韓国語以外の言語が支援されていませんが英語、中国語、日本語が利用することができるようにして、江南駅周辺に来る外国人に韓国の新しいイメージを植えつけることができると思います。
 
 
 
江南駅の名物! Media poleを使って見ましょっ!!
 
 
 
Media poleは大きなタッチスクリーンになっています。 
さまざまなテーマがあり「江南地域情報」を押して見ます。
 



 
 
指で江南地域情報ボタンをタッチすれば、下のような画面に変わります。



もう一度、江南地域情報ボタンを押せば
 
江南駅近所の地図が画面に現われます。 
地図下端には大衆交通、オススメのお店、オススメのエリア、公共施設、病院医療に関して 
調べることができるボタンがあります。選択すればそれぞれ望む情報を得ることができます。 
また、初めの画面に戻りたければ「メイン画面」ボタンを押してください~
メイン画面に帰って来て今度はポラロイドカメラを撮って見ます。「フォトタイム」ボタンを押してください。
 

 
フォトタイムをタッチすると右側に小さなボタンで「フォトメール」があります。 
即席で撮った写真をメールアドレスに送ることができます。

   
フォトタイムをタッチすると右側に小さなボタンで「フォトメール」があります。 
即席で撮った写真をメールアドレスに送ることができます。
 
カメラで撮影された私の姿が画面に現われます。 
Media poleを使用している姿がカメラに映りましたね^^
赤い撮影するボタンを押します。
 
 
 
写真が取れました。撮影された写真を保存するのかを問う画面が出ます。「確認」
 
 
保存確認をすれば写真を飾ることのできる色んなスキンを選択することができる画面が出ます。 
気に入ったスキンをタッチして選択すればスキンが適用されたイメージを見ることが出来ます。
 
プレゼントのスキンを適用したプレビュー写真です。
 
気に入ったスキンを適用させたら右下の「完了」ボタンを押します。
 
 
写真を送りたいメールのアドレスを入力する画面が出てきます。
 
タッチスクリーンでメールアドレスを入力した後に「確認」ボタンを押します。
 
メールが発送されます。
 
最後に「確認」ボタンを押すと完了します。

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)