昌原市 昌原の家/落ち葉通り 창원의집

昌原の家は1898年(光武2年)に順興安氏、安テクヨンの5代先祖の退隠(別称)・ 斗喆先生が居住した家で、先祖の伝統文化と風習を新しい観点で解釈して生きている教育長として活用されています。総面積10,209ヘーホーメートルの上 に14棟の建物と農耕器具などが展示されています。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

◎昌原の家/落ち葉通り    

 

*昌原の家

昌原の家は1898年(光武2年)に順興安氏、安テクヨンの5代先祖の退隠(別称)・ 斗喆先生が居住した家で、先祖の伝統文化と風習を新しい観点で解釈して生きている教育長として活用されています。総面積10,209ヘーホーメートルの上 に14棟の建物と農耕器具などが展示されています。

位置:慶尚南道昌原市義昌区士林洞69番地

電話: +82-55-248-2600

主要施設:
伝統家屋(母屋、舎廊)、民俗教育館、農機具展示館、遺物展示館、ひきうす、池(水車)、民俗伝統遊び道具(板跳び、投壷(矢を壷に投げ入れる遊び)、チェギチャギ(足で蹴り上げる羽子)

体験:
民俗伝統遊び(板跳び、投壷、ユンノリ、輪投げ等)、伝統婚礼儀式の礼服模型で写真撮影、伝統婚礼式場の提供(事前予約制)

交通:
昌原市庁→道庁十字路→退村三叉路→昌原の家

 

*落ち葉通り

市街地の道路に沿って並ぶ街路樹が、毎年秋になると形も色も様々な美しい紅葉に染まり、都心全体が歩きたい通りになります。特に城山アートホールの落ち葉通りは、恋人たちにはロマンチックな空間を、家族連れには秋の趣を満喫することができる場所です。

*主要落ち葉通り(6.5km)
1.中央路 2.6Km
(道庁広場 - 韓国産業団地公団東南地域本部)
2.北 16路 2.6Km
(警察庁十字路 - 韓国機械研究院付設・材料研究所)
3.北 15路 1.3Km
(都立美術館 - 市庁後門)

 

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)