昌原市 安骨倭城(アンゴルウェソン) 안골왜성

安骨倭城(アンゴルウェソン)は壬辰の乱当時、日本軍たちによって築城された日本式城だ。 日本は壬辰の乱を起こした後、海戦で敗戦を繰り返して軍事的打撃を受け、本国からの補給が円滑ではなかったため、長期間の駐屯のための基地として活用するために、1593年南海岸沿岸一帯の要地に18個の城を築城した。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

安骨倭城(アンゴルウェソン)





安骨倭城(アンゴルウェソン)

 

安骨倭城(アンゴルウェソン)は壬辰の乱当時、日本軍たちによって築城された日本式城だ。
日本は壬辰の乱を起こした後、海戦で敗戦を繰り返して軍事的打撃を受け、本国からの補給が円滑ではなかったため、長期間の駐屯のための基地として活用するために、1593年南海岸沿岸一帯の要地に18個の城を築城した。
構造をよく見ると本城を中央に残して北に内城外城、西の方に外城を積み、高さは 4~7m程度で城内の全体面積は約 5000坪位だ。
南山倭城と加徳島倭城の近くに位置していて、海路で熊川、加徳島、釜山方面と連絡が容易な戦略的要衝地だった。

位置:安骨洞 山27番地一帯。
釜山新港の背後の敷地
交通:鎭海で安骨行き105,115番バスを利用、終点で下車

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)