昌原市 鎭海郵便局 진해우체국

映画「クラシック」で主人ソン・イェジンがジョ・スンウに手紙を出した場所とフォークダンスを踊った講堂でもある。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

◎鎭海郵便局

鎭海郵便局は [Y]字形の 三叉路の中央に造成された三角形の大地(2,086ヘーホーメートル)に、建物面積452ヘーホーメートルで建てられた断層木造建物で、1912年10月 25日竣工してその年11月15日鎭海郵便局が移転して、2000年まで郵便局庁舍として使っていた。
平面は三角形の土地の頂点に当たる中原広場の方、すなわち両道路が会う地点を出入口にしていて、入口は狭いが建物の中に入れば徐々に広くなる構造になっている。
木造建物で、元々屋根は銅版で覆われていて、四方に銅材で欄干をかけてあり、自然光の日照量を充分に吸収することができるように、半輪採光窓(日の光を受けるために出す窓)を設置した。
第2次世界大戦末期、日帝が武器を生産する材料が不足したため、屋根の銅版と欄干を皆強制回収して亜鉛に取り替えたが、1984年にまた本来どおり銅板に変えた。
そして元々木材の床の上に板張りが敷かれた床も、老朽した板張りを取り外してセメントモルタルに換えて改造した。
建物の様式はロシア風の折衷式の近代建築だが、正面入口の両側に立てられた強いエンタシスのあるトスカナオーダー(Tuscanorder)の円柱で、堂々とした外観を見せている。

映画「クラシック」で主人ソン・イェジンがジョ・スンウに手紙を出した場所とフォークダンスを踊った講堂でもある。

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)