昌原市 文信美術館 문신미술관

文信美術館は1980年フランスから20年ぶりに帰国した「文信」先生が馬山市騶山洞51-1番地一円2千5百余坪の丘に一生の情熱を傾け、「文信芸術50年」を迎えた1994年に開館した美術館であり、「文信」先生の逝去後、未亡人チェ・ソンスク女史が変わることなく管理していたが、「愛する故郷馬山に美術館を捧げたい」という生前の意思により2003年 6月馬山市に寄贈された。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

文信美術館

文信美術館は1980年フランスから20年ぶりに帰国した「文信」先生が馬山市騶山洞51-1番地一円2千5百余坪の丘に一生の情熱を傾け、「文信芸術50年」を迎えた1994年に開館した美術館であり、「文信」先生の逝去後、未亡人チェ・ソンスク女史が変わることなく管理していたが、「愛する故郷馬山に美術館を捧げたい」という生前の意思により2003年 6月馬山市に寄贈された。

文信美術館は彼が彫刻作品の素材に主に使った堅い黒檀や鐵樹を削って刻むように、15年という長い歳月を通して建立し、この期間の間も「文信」先生は10余会の国際的な展示会に招待されて出品し、何回かの回顧展を経ながら国際的な名声をさらに高めた。

住所:慶尚南道昌原市馬山合浦区チュ山洞 51-1

観覧時間:09:00~18:00
(チケット販売時間:09:00~17:00)

休館日:毎週月曜日、1月1日、お正月、秋夕

入場料:一般500ウォン、子供200ウォン
(6歳以下及び65歳以上は無料)

お問い合わせ: +82-55-220-6550
ウェブサイト: http://art.masan.go.kr/tc2/moonsin/index.jsp

アクセス
西馬山I.C→統営.慶南大方向→山腹道路→合浦高等学校→茲山薬水場がある陸橋の手前で左折→馬山博物館→文信美術館

 

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)