昌原市 八龍山石塔 팔룡산 석탑

陽徳洞の裏の鳳岩洞の方に伸びる海抜328mの山。八龍山は昔、この山に空から八匹の竜が降りてきたというので付けられた名前だというが、元々は盤龍山だったのが解放以後、徐々にその音が変わって現在は皆八龍山と呼んでいる。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

八龍山石塔

 
陽徳洞の裏の鳳岩洞の方に伸びる海抜328mの山。八龍山は昔、この山に空から八匹の竜が降りてきたというので付けられた名前だというが、元々は盤龍山だったのが解放以後、徐々にその音が変わって現在は皆八龍山と呼んでいる。 雄壮な山勢に沿って東方へ伸びる魚伏谷は天然の神話と伝説がある名所として、郷土民俗「農庁ノリ」の根源地だ。 1929年この山の東にある水源池が建設され、今日まで利用されている。

 

八龍山(モンドンゴル)石塔


八龍山と接した陽徳洞に住むイ・サンヨンさんと2人の住民が、1987年7月からモンドンゴルに薬水場と登山路を開設してから多くの人々が訪れるよう になり、特にイ・サンヨンさんは93年3月23日から山崩れが起きた渓谷の周辺の登山路整備とともに石塔を積みはじめ、今まで大小1,000余個の石塔群 を造った。 統一祈願と修道する心で今もずっと石を集めている。 八龍山の石塔は登山客たちの写真撮影場所として多く愛され、馬山9景に選定された。

位置 : 慶尚南道昌原市馬山會原区陽徳洞 334番地一円

アクセス
東馬山IC→陽徳洞メトロシティアパート→左折して0.7km直進→右側に大林アパート、左側に案内板と進入路が見える

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)