昌原市 義林寺渓谷 의림사 계곡

義林寺渓谷は鎮北面仁谷里の義林寺の横に位置した渓谷だ。 義林寺は義湘大師または普照国師知訥が創建したという説とともに、元々名前が奉国寺だったという。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

義林寺渓谷

義林寺渓谷は鎮北面仁谷里の義林寺の横に位置した渓谷だ。 義林寺は義湘大師または普照国師知訥が創建したという説とともに、元々名前が奉国寺だったという。寺の名前が今のように変わったのは、文禄慶長の役当事、 泗冥大師が僧兵を率いてこちらに駐屯したのがきっかけになった。僧が奉国寺に泊まるや、隣近各所から義兵が森のように集まって来て、名前を「義林」とした という。
う。

義林寺浮屠群はお寺から500m余り離れた道端にある。浮屠は全部で3基だが、皆石鐘だ。このうち真ん中の閑遊堂浮屠とその右側の浮屠は四角屋蓋石を上に乗せている。高さは1.4mから1.7mほどだ。 閑遊堂浮屠は銘文を屋蓋石に刻んだ点が特徴だ。一番左の浮屠は塔身が切られたように連華台石の間に8角石材が挟んである。寺の前の渓谷は仁星山から発する天然林をそのまま保存する、深くて清い水が一年中絶えない天然渓谷として保存価値が高い。

位置:慶尚南道昌原市馬山合浦区鎮北面仁谷里 439
義林寺: +82-55-271-3054

交通
鎮東乗り換えセンターを経ない場合:
74番市内バス、午前07:30分から馬山駅を出発して魚市場を経て義林寺入口に到着(1日往復 6回運行)
鎮東乗り換えセンターを経る場合:
70番、71番市内バス、午前6時10分から馬山駅を出発して鎮東乗り換えセンターに到着(1日往復28回運行)
74-1番市内バス、午前6時15分から鎮東乗り換えセンターで仁谷里義林寺入口到着(1日往復11回運行))

 

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)