昌原市 注南貯水池渡り鳥祭り 주남저수지 철새축제

注南貯水池は昔から慶尚南道昌原市東邑、大山面の農業用水の供給と洪水の調節を目的に管理された地域で、全体602haの巨大な貯水池と、広闊な農耕地(平野)を有している、多くの冬の渡り鳥の住みかとして有名です。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

◎注南貯水池渡り鳥祭り

 

 

注南貯水池は昔から慶尚南道昌原市東邑、大山面の農業用水の供給と洪水の調節を目的に管理された地域で、全体602haの巨大な貯水池と、広闊な農耕地(平野)を有している、多くの冬の渡り鳥の住みかとして有名です。
年間150余種の夏、冬の渡り鳥が注南貯水池を訪れており、1980年代に入ってからトモエガモ5万余匹が観察されており、世の中の人たちの注目を引き始めです。

昌原市は1995年から注南貯水池の生態的管理を、より体系的に維持して、合わせて湿地保護のための大衆の認識増進の次元で、地域住民とともに行う渡り鳥祭りを開発し、生態観光資源として育成、支援しています。2007年からは注南貯水池の渡り鳥祭りを毎年11月頃に定期的に開催しています。

注南貯水池渡り鳥祭りは、洛東江流域圏の特色ある代表的生態祭りとして広めようと、鳥類という注南貯水池だけの優秀な生態資源を組み合わせた行事として、生態学習と体験を楽しむことができる多様な展示行事と教育行事、体験行事、住民参加行事などで構成されていて、3泊4日の間開催されます。

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)