昌原市 馬山カゴパ菊祭り 마산 가고파 국화축제

馬山は菊栽培の歴史がある 所として、1960年檜原洞一帯で6つの農家が全国で最初に菊の商業栽培を始めて以来、飛躍的な発展を繰り返しながら、1976年韓国初めて日本に輸出をした。現在全国栽培面積の13%を占めており、年間40万ドルの外貨を獲得するなど自他が認める韓国菊産業のメッカだ。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

馬山カゴパ菊祭り

馬山は菊栽培の歴史がある 所として、1960年檜原洞一帯で6つの農家が全国で最初に菊の商業栽培を始めて以来、飛躍的な発展を繰り返しながら、1976年韓国初めて日本に輸出をした。現在全国栽培面積の13%を占めており、年間40万ドルの外貨を獲得するなど自他が認める韓国菊産業のメッカだ。
菊栽培に適当な土質と穏やかな気候、先端養液栽培技術の普及などですぐれた品質を誇る馬山菊の優秀性を国内外に広報して、菊の消費促進のために 2000年から「カゴパ(行きたい)菊祭り  」を開催するようになった。


時期:毎年10月

場所:ドッソム海上遊園地一円

主要行事:

開場式、菊展示、菊香芸術祭、菊作品公募展、韓日菊作品交流展、黄金豚フェスティバル、国際演劇祭など

お問い合わせ: +82-55-225-3691

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)