安国 北村韓屋村-苑西洞(ウォンソ・ドン)路=昌徳宮路(チャンドックン・ギル)

左側には多くの韓屋が並び、右側の石垣越しに昌徳宮が見える所です。ここの道には、宮殿と関わっていた人々、工房・宮中料理研究院・洗濯場と呼ばれる所などがあります。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!


北村韓屋村 
 
昔、清渓川と鐘路一帯を「北村(プクチョン)」と呼ばれていました。 
この北村韓屋村は、北には北漢山が、南には鐘路、東西には世界遺産の昌徳宮と景福宮があり、
李氏朝鮮時代の高級高官が住んでいたといわれています。 
多くの昔ながらの韓国伝統家屋の韓屋が残っていて、過去と現在がミックスしている地域です。 
まずは、地下鉄3号線安国駅の3番出口から出て、出発してみましょう。

 苑西洞(ウォンソ・ドン)路=昌徳宮路(チャンドックン・ギル)

 
左側には多くの韓屋が並び、右側の石垣越しに昌徳宮が見える所です。]
ここの道には、宮殿と関わっていた人々、工房・宮中料理研究院・洗濯場と呼ばれる所などがあります。
 
苑西洞(ウォンソ・ドン)路苑西洞(ウォンソ・ドン)路

隠徳文化院。
塀の花さえも絵になって美しい。
 
苑西洞(ウォンソ・ドン)路
 
「韓国仏教美術博物館」
 
苑西洞(ウォンソ・ドン)路


「宮中料理研究院」
 
苑西洞(ウォンソ・ドン)路苑西洞(ウォンソ・ドン)路

塀の向こうは昌徳宮です。
まさに、宮殿にかかわる人々が住んでいたんでしょうね?

苑西洞(ウォンソ・ドン)路
 
<北村二景>です
  

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)