唐項浦遊園地 도장포유원지

唐項浦は、文禄・慶長の役当時に李舜臣将軍が二度にわたり倭船57隻を全滅させた歴史の現場です。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

唐項浦遊園地

 

慶尚南道高城唐項浦でヨット体験

 

慶尚南道高城の唐項浦遊園地に行くとヨットに乗ることができます。固城と言えば床足巖の恐竜足跡が一番初めに思い浮かぶためにヨットに乗ると言うことに少し違和感を感じました。韓国にもヨットに乗れる場所がここ固城を始めソウルの漢江、済州島、巨済島、統営、釜山などがありますがどこもそれ程活性化していないようです。

唐項浦は、文禄・慶長の役当時に李舜臣将軍が二度にわたり倭船57隻を全滅させた歴史の現場でもあります。現在は、唐項浦観光地として開発されオートキャンプ場、ペンション団地、唐項浦海戦館、亀甲船体験館、自然彫刻公園、青少年冒険遊び場、体育施設が揃っています。
唐項浦観光地にあるペンション団地は、海辺と接していて景色が良いだけでなく、国が運営しているので他の施設に比べて価格もお手ごろです。


唐項浦遊園地 
 

日が明ける前にヨットに乗るために船舶場に行きました。早朝にヨットに乗ることはそうあることではありません。この日は、ヨットの上から日の出を見るために朝早く出発しました。


唐項浦遊園地


向こう側の陸地にある造船所にも明かりが灯り、昨晩まで曇っていた空も徐々に青空に変わり始めました。


唐項浦遊園地 


私は、今回始めてヨットに乗りました。ヨットに乗ってみるとどんな感じか皆さん想像すると思います。 私も風を切って、波を超えて走ると思っていました。でも、今回乗ったヨットはそんなヨットではありませんでした。


唐項浦遊園地 
 

ヨットに乗る時に、船長さんに「ライフジャケットは着けなくても大丈夫なんですか?」と聞くと、着なくても大丈夫だと言います。水深12mもあるのに着けないでも大丈夫なのか聞いてみると、大丈夫と言います。もし、海に落ちたらどうするのか聞くとそんなことはないと言います^^ヨットは、本当に海の上に浮かんでいるようです。前に前進するんではなく、波に乗ってゆったりと動く感じです。今いる場所が海なのか湖なのかわからないほど穏やかでした。


唐項浦遊園地 


海の中間ほどに到着した時に帆を広げて進みます。帆を広げる前は、子供たちのおもちゃのような感じだったんですが帆を広げると見事にヨットらしくなりました。
このヨットは、帆を広げる時は手動で行うんですが、ボタン一つで帆が開く高級ヨットは2億ウォン近くすると言います。

今回のヨット乗船体験は2時間で1万ウォンでした。思っていたよりも安くてビックリしました。


唐項浦遊園地 


ヨットから降りてようやく朝日が出始めました。今回のヨット乗船体験を整理してみると海が穏かでスペクタクルな楽しさはありませんが、ヨットに初めて乗るという胸のトキメキ、新鮮さ、不安さが感じられました。ここ、固城に来る際には是非一度体験してみてください。 

 

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)