安国駅 北村文化センター

李氏朝鮮末期に政府の財務官を務めた、ミン・ヒョンギの邸宅(1900年以前に建てられた)を復元した韓屋を、北村の歴史と伝統をを残そうとした文化芸術人たちが協力して作り上げた施設です。

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

北村文化センター 

李氏朝鮮末期に政府の財務官を務めた、
ミン・ヒョンギの邸宅(1900年以前に建てられた)を復元した韓屋を、
北村の歴史と伝統をを残そうとした文化芸術人たちが協力して作り上げた施設です。 


北村文化センター

「北村文化センター」は、敷地が211坪、延べ面積が72坪。部屋は、ここの歴史と文化的特徴を伝える広報展示室、各種伝統文化を体験できる住民文化センター、事務所、チョンジャ(亭子=あずまや)、付属室などの5棟の韓屋からできています。

北村文化センター北村文化センター

入り口の門                                                       サランパン(舎廊房)=昔の客間を兼ねた主人の書斎のことです。 

 北村文化センター北村文化センター

アンバン(内室=奥の間)の中側。 

今日はここで一般の人が、
カヤグム(伽椰琴)の体験をしてました。
いい音色!
広報展示館です。

ここでいろいろな歴史的資料が展示されています。

ここは韓国語だけです。 

北村文化センター北村文化センター

 「北村の伝統を守る人々」           「北村の過去、現在そして未来」 


北村文化センター北村文化センター

スクリーンの説明には日本語が書かれて、わかりやすいです。
パンフレットを持って、私もちょっと勉強しようかな?

北村文化センター北村文化センター

庭は静かで、とても風情があって落ち着けます。 
ゆっくりと座って昔の北村を味わってみましょう。

北村文化センター
 

風情がありますね?

実は韓屋文化チーム事務所です。   
 塀の緑も、昔の雰囲気を漂わせる?。

北村文化センター北村文化センター


今でも人が住んでいそうな感じでしょ?

テチョン・マル(中庭)のハガリが昔そのものの雰囲気。   
 トイレも韓屋風です。

あ、でも中はきれいな水洗トイレですよ。 
 

北村文化センター

中から見た、出入り口の門。
 

アクセス


地下鉄3号線安国駅(アングック・ヨク)の3番出口を出て、30メートル先の左側に大通りがあります。そこを150メートルほど直進し左側に見えます。

住所 : ソウル市鐘路区桂洞(ケ・ドン)105番地 地)
電話 : 02-3707-8270
営業時間 : 午前10時~12時半、14時~17時
休日 : 毎月第1、3水曜日
入場無料です

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)