建築学概論 ムービーボーイ・トトの映画レビュー(9)

この春、私たちの心を暖かくさせてくれる青春ラブストーリー!!!

QRコード ANABA KOREA モバイル!
QRコードで韓国の
穴場情報が見られる!

建築学概論 ムービーボーイ・トトの映画レビュー(9)

 

 

 

 

皆さんこんにちは、ムービーボーイ・トトです!!!久々に映画レビューのお時間がやって来ました!!!

 

韓国で最近、チケット予約率が高いのは『タイタニック(3D版)』と、そして『建築学概論』です! 建築学概論は、オム・テウン、ハン・ガイン、イ・ジェフン、スジが出演している初恋がテーマの映画です。主人公が、『建築学概論』の授業で出会った女性と、数年後に建築家と顧客として再会することで、時間を越えたラブストーリーが始まります。

 

それでは早速、レッツ・アクション!!!

 

韓流映画

 

 

映画が上映されてから3週間で、観客動員数300万人を突破した建築学概論! この映画の印象深いところは、もともとラブストーリーが好む女性より、男性に支持されているという点です。この映画は、男性の昔の想い出をよみがえらせてくれる映画だと言えます。この映画に出てくる初恋は、青臭くてちょっと情けない、でも美しい恋です。それが人々の心を惹きつける大きなポイントだと思います。
 

 

韓流映画

 

 

この映画のあらずじを簡単に紹介すると、建築学概論の講義を受講している学生スンミン(イ・ジェフン)とソヨン(スジ)は、授業で初めて出会うことになります。そして、一緒に勉強していく中でどんどん親しくなりますが、ある小さな誤解のせいで結局二人は疎遠になってしまいます。
15年後のある日、建築家になったスンミン(オム・テウン)の目が釘付けになった顧客、それはまさに長い間記憶の中に抱いていたソヨン(ハン・ガイン)でした。そしてソンミンは初めての作品としてソヨンの家を作ることになり、過去の恋が思い出され・・・果たしてスンミンとソヨンの愛は、時を越えてまた始まることになるのでしょうか?
 

 

韓流映画

 

 

この映画の監督であるイ・ヨンジュ本人も建築学科出身です。人が住んでいる家を見れば、その人がどんな性格かどうかが分かり、家を建てる時はその人のことがよく分かるといいます。このような経験が、ラブストーリー映画である『建築学概論』の製作の源になったそうです。

 

 

韓流映画

 

 

この映画の4人の主人公は、演技派ばかり。オム・ジョンファの弟のオム・テウン、miss A(ミスエー)のメンバーであるスジ、そしてハン・ガインとイ・ジェフン。韓国で多くの人気を集め、実力を認められている俳優陣です。現在も絶賛公開中で、多くの人から評価されています。

出会いの春、胸ときめくこの映画はこの季節にぴったりだと思います。みなさんも大切な人「純粋で美しい愛」のストーリーにどっぷりつかってみてください^^

 

それでは次回もまたお楽しみに~!!

 

(イメージ引用:NAVER)

 

※すべての著作権は、制作会社ミョンフィルム及び配給会社ロッテエンターテイメントにあります。

コメント (コメントをするにはログインが必要です。)