為替計算機

ソウル

ソウル 国立古宮博物館

景福宮に足を踏み入れた瞬間、まるでタイムスリップしたかのような錯覚におちいる。その気分は古宮博物館でさらに増す。

ソウル 国立民俗博物館

景福宮内にある国立民俗博物館には、韓民族の生活史、生業・工芸・衣食住、さらに韓国人の日常生活の様子をそれぞれ展示し、伝統・民俗・生活・文化などに幅広く触れることができる。

ソウル 国立中央博物館

東洋最大規模の国立中央博物館は展示規模や展示品の数においてアジアでダントツ、世界では6番目に大きい博物館といわれる。

ソウル 漢江遊覧船

遊覧船の種類も様々で、楽しく愉快な「ライブ遊覧船」、高級レストラン顔負けの「漢江クルーズビュッフェ遊覧船」、また最近「朱蒙船」と「海賊船」が登場し話題となり、一般的な「汝矣島→楊花間往復コース」は約1時間ほどの所有時間となっている。

ソウル 仙遊島公園

仙遊島公園は、漢江に浮かぶ島、仙遊島の旧浄水場を再利用して作られた韓国初めてのリサイクル生態公園。

ソウル 弘大前

「弘大前」とは、地下鉄「弘大入口」駅から弘益大学校正門に向かって左右に広がるエリアのこと。ここには個性的なカフェや毎晩インディーズバンドでにぎわうクラブ、ライブカフェやジャズクラブ、ダンスクラブなどが集まっている。

ソウル 大学路

大学路は、大小約100の劇場が集まっている韓国でも有名な劇場の町です。マロニエ公園の野外公演場と風流庭園ではストリート公演が開催され、至る所で肖像画を描く若者の熱気を感じることができます

ソウル COEX

ソウルでもっとも多くの外国人に出会える街。明洞の場合は日本、中国などといった東洋人が多く訪れるのに比べ、梨泰院は西洋人が多く訪れる。

ソウル 梨泰院

ソウルでもっとも多くの外国人に出会える街。明洞の場合は日本、中国などといった東洋人が多く訪れるのに比べ、梨泰院は西洋人が多く訪れる。

ソウル 東大門市場

ソウルのファッションメッカである、東大門市場。高くそびえるビルの間を両手いっぱいに荷物を抱え行き交う人々。

ソウル 南大門市場

ソウル観光においてはずすことのできない南大門市場は朝鮮時代初期に開かれ、買えないものはないと言われるほど品物が非常に豊富。

ソウル 明洞

ソウルを訪れる外国人の中には「ソウルの中心地=明洞」が根付くほどショッピング、フード、ファッション、美容整形などが一度に楽しめるエリアで必ず一回は立ち寄りたい地域。

ソウル 昌徳宮

昌徳宮は朝鮮時代の歴代王朝が最も長く居住した場所で、朝鮮時代の宮殿文化と韓国建築物の真髄を知ることができる。また、宮殿内には、数百年の巨木が森を作り上げた秘苑もあり、都心で自然の静寂感を味わう事が出来る場所でもある。

ソウル 昌慶宮

昌徳宮は朝鮮時代の歴代王朝が最も長く居住した場所で、朝鮮時代の宮殿文化と韓国建築物の真髄を知ることができる。また、宮殿内には、数百年の巨木が森を作り上げた秘苑もあり、都心で自然の静寂感を味わう事が出来る場所でもある。

ソウル 慶熙宮

慶熙宮は朝鮮後期の離宮として光海君9年(1617年)から建てはじめ1623年に完成。慶熙宮には正殿の崇政殿をはじめ、便殿の資政殿、寝殿の隆福殿、会祥殿など大小の約100棟の建物があった。ソウル市は1987年から慶熙宮跡を発掘し続け、現在は崇政殿などの正殿エリアを復元して2002年から一般公開をしている。