為替計算機

オススメ観光地

昌原市 海洋ドラマセット場 해양드라마세트장 ロケ地

韓国ドラマの歴史上初めて神秘的な歴史の伽揶を建国したキム・スロ王の一代記を描いたMBCドラマ「キム・スロ」が金海市と馬山市に位した大規模セット場で撮影が行われました。

昌原市 馬山港夜景 마산항야경

舞鶴山と穏かな湖のような馬山湾が作り出す港湾都市の美しさを演出、ドッソムから眺めた馬昌大橋の夜景はどの都市よりも美しい。

昌原市 国立3・15民主墓地 국립 3.15 민주기지

国立 3・15民主墓地は1960年3月15日李承晩独裁政権の不正汚職と長期執権欲の手段として恣行された不正選挙に抗って、憤然と立ち上がり、争いの中で犠 牲になった英霊たちの魂が眠った所で、4・19革命の口火になった 3・15義挙の崇高な意味を称えて、自由・民主・正義を愛する市民精神を受け継ごうと造られた。

昌原市 義林寺渓谷 의림사 계곡

義林寺渓谷は鎮北面仁谷里の義林寺の横に位置した渓谷だ。 義林寺は義湘大師または普照国師知訥が創建したという説とともに、元々名前が奉国寺だったという。

昌原市 八龍山石塔 팔룡산 석탑

陽徳洞の裏の鳳岩洞の方に伸びる海抜328mの山。八龍山は昔、この山に空から八匹の竜が降りてきたというので付けられた名前だというが、元々は盤龍山だったのが解放以後、徐々にその音が変わって現在は皆八龍山と呼んでいる。

昌原市 魚市場 마산 어시장

魚市場は南城洞、東城洞、午東洞、新浦洞2街一円に広がり、馬山を代表する在来市場で250年の歴史を誇る。 魚市場に入ると一番先に目に付くのが刺身屋通りだ。 「春は目板がれい、秋はコノシロ」のように季節の魚たちを始め、馬山でなければなかなか味わうことができない天然ヒラメ、鯛などの高級魚たちが刺身屋の水槽ごとにひらひらと泳いでいる。

昌原市 文信美術館 문신미술관

文信美術館は1980年フランスから20年ぶりに帰国した「文信」先生が馬山市騶山洞51-1番地一円2千5百余坪の丘に一生の情熱を傾け、「文信芸術50年」を迎えた1994年に開館した美術館であり、「文信」先生の逝去後、未亡人チェ・ソンスク女史が変わることなく管理していたが、「愛する故郷馬山に美術館を捧げたい」という生前の意思により2003年 6月馬山市に寄贈された。

昌原市 猪島連陸橋 저도 연육교

海岸の景観が素晴らしい亀山面亀伏里には、猪島とつながる長さ182m、幅13m、高さ15.5mの猪島連陸橋が既存の連陸橋の横に仮設されている。 市鳥であるウミネコを形象化して周辺地形と調和して、アーチの曲線美を強調するためにウミネコの形を中心に光ケーブル照明を設置して、時間別・季節別に様々な色の夜景を演出する。 周りが清浄海域で、豊かな水産物が四季を通して獲れ、釣り人たちの出入りが絶えない。 。

昌原市 舞鶴山 무학산

市街地の背後を屏風のように取り囲み、馬山の精気を目一杯抱いている海抜761.4mの名山。 美しい尾根と木々の間を流れるいくつにも別れた渓谷など自然景観が非常に秀麗で、本来は斗尺山というのが、山の姿が遠くから見ると鶴が舞うように翼を広げて飛ぶ姿そっくりだというので舞鶴山と呼ばれている。

昌原市 聖興寺 성흥사

聖興寺は新羅興徳王8年無染国師が熊東地方に侵入した倭寇を退けた功績を称えるために九千洞に建てたがその後、火事などによって何度か移動するが朝鮮正祖 時の1789年に現在の位置に移設したと言う。大雄殿は地方文化財に指定され、仏像と無染国師影写など文化的価値が高い遺物が保存されている。美しいお寺 と鬱蒼とした森と清い谷を見ていると俗世間のストレスから解き放たれる。

昌原市 鎮海樓 진해루

延べ面積477㎡で高さ15.2m、柱心三浦様式の八作屋根(RC組韓式瓦)で建立されたこの樓閣は、美しい鎮海湾の風景を一望できる海岸沿いに位置して昌原市民はもちろん、隣近の500万人の慶尚南道の道民と全国から訪れる観光客の憩いの場として注目を集めている。

昌原市 海軍士官学校 진해군사학교

海軍士官学校は 1946年 1月 17日開校して以来、多様な領域の海軍人才育成と祖国の海を守護する正、予、海軍将校を養成する学校として知られている。

昌原市 鎭海郵便局 진해우체국

映画「クラシック」で主人ソン・イェジンがジョ・スンウに手紙を出した場所とフォークダンスを踊った講堂でもある。

昌原市 熊川倭城(ウンチョンウェソン) 운천왜성

熊川倭城(ウンチョンウェソン)は南山峰の尾根に沿って山すそまで伸びた石城で、壬辰の乱の時の1593年、小西行長が駆逐して守備した所で、日本軍が第1基地にした所だ。

昌原市 安骨倭城(アンゴルウェソン) 안골왜성

安骨倭城(アンゴルウェソン)は壬辰の乱当時、日本軍たちによって築城された日本式城だ。 日本は壬辰の乱を起こした後、海戦で敗戦を繰り返して軍事的打撃を受け、本国からの補給が円滑ではなかったため、長期間の駐屯のための基地として活用するために、1593年南海岸沿岸一帯の要地に18個の城を築城した。