為替計算機

アナバエリア

 

 

 

昌原市 コノシロ刺身 전어회

秋には馬山魚市場でコノシロ祭りが開かれ、毎年多くの観光客たちが馬山を訪れる。 新鮮な刺身の材料に一流の板前の華麗な包丁さばきと、数十年のノウハウによる酢コチュジャンの味が組み合わさって、コノシロ刺身の真髄を見せてくれる。

昌原市 鎭海豆 진해콩

1915年始めてリリーズされた鎭海豆は豆末と小麦粉をこねて黄色いの豆模様にして、鉄網の上で直接焼きをしたあと砂糖シロップをかけたお菓子。香ばしい味が特徴の、韓国人には追憶の食べ物だ。

昌原市 秋菊酒 가을국화

酒は菊酒から始めなければならないという話があるほど、味と香りが床しいお酒で、東医宝監によれば約1,500年前から醸造され始めたという。菊酒は陰暦 9月 9日菊の節句に飲まれていたが、その理由はこの日菊酒を飲めば長寿を享受して病気にかからないという伝説があったからだ。それ以外にも菊酒を飲んで長生き したという多くの説話がある。これが菊酒を延命酒または不老長生酒と呼ぶ理由だ。

昌原市 ホヤ 미더덕

ホヤはその形がこん棒、または丸い形の表面がデコボコしていて色も美しくなく、他の海産物のように即席で食べにくく、大きく注目されることがなかった。

昌原市 昌原甘柿 /昌原すいか 창원단감 창원수박

韓国の最初の甘柿の栽培地として、今も100年になる高齢の柿の木がある甘柿の本場で、気候及び土壌の条件がよく、栽培技術が優秀な全国最高の品質の良い甘柿の生産地です。

昌原市 網焼き焼肉 철판구이

焼肉はいろいろな薬味で味付けをしておいて、熱くした鉄板で焼いて食べるもので、高句麗時代の焼き肉であるメクゾク(貊炙)に由来し、今の「網焼き焼肉」になったものです。

昌原市 アクセス 창원시 찾아가는 길

2010年7月1日に昌原市、馬山市、鎮海市を統合して人口109万人、財政規模2兆 3千億ウォンのメガシティとして生まれ変わった昌原市は、韓半島の東南端、慶尚南道の道庁所在地として慶全線鉄道とKTX、南海高速道路が通過して馬山 港、金海国際空港、新釜山港が接していて産業物流量輸送に有利な場所に位置している。南は馬山湾、鎮海湾と接した海岸線があり、北は洛東江と境界を成して いる。

昌原市紹介 창원시 소개

2010年7月1日に昌原市、馬山市、鎮海市を統合して人口109万人、財政規模2兆 3千億ウォンのメガシティとして生まれ変わった昌原市は、韓半島の東南端、慶尚南道の道庁所在地として慶全線鉄道とKTX、南海高速道路が通過して馬山 港、金海国際空港、新釜山港が接していて産業物流量輸送に有利な場所に位置している。南は馬山湾、鎮海湾と接した海岸線があり、北は洛東江と境界を成して いる。

昌原市 馬山カゴパ菊祭り 마산 가고파 국화축제

馬山は菊栽培の歴史がある 所として、1960年檜原洞一帯で6つの農家が全国で最初に菊の商業栽培を始めて以来、飛躍的な発展を繰り返しながら、1976年韓国初めて日本に輸出をした。現在全国栽培面積の13%を占めており、年間40万ドルの外貨を獲得するなど自他が認める韓国菊産業のメッカだ。

昌原市 馬山魚市場祭り 마산어시장축제

200年余りの歴史と伝統を持つ馬山魚 市場では特産物とグルメを対外的に広めて 観光都市 昌原市のイメージアップをはかる ため馬山 魚市場 祭り(コハダ祭り)を行っ ています。 '春はカレイ、秋はコハダ'と言われるように初秋にの頃の昌原を代表する魚のコハダを 美食家た住民たちが食べて楽しむ、多様な祭りが行われます。

昌原市 南山相逢祭 남산상봉제

南山相逢祭は遥かな昔から先史時代から天柱山の下にある南山の周辺に集まって暮していた住民たちが大変な農作業を終えてその間の思いを晴らす豊かな収穫に 対する感謝の気持と村の安全を祈願するために各自心を込めて準備した食べ物を一緒に食べ踊って楽しんでいたのが由来になっている。 1976年、産業都市化計画のために一時中断されてたが意識ある地域住民たちの努力によって、1998年の旧盆直後の土、日曜日に今の南山

昌原市 マンナル祭り 만날제

マンナル祭りは高麗時代から伝えられている 母子が切ない再会を果たす伝説を元に韓民族の 普遍的な情緒である、出会いと恋しさを主題にした民族テーマの祭りです。だんだん失われつつある伝統文化を受け継いで、今の青少年たちに韓国の文化の優秀 性を紹介するために1987年初めて開催され、その後20年以上維持され、この昌原独特の民俗祝祭として芸術と詩情の町、昌原の伝統の芸術魂が生きて呼吸 する品格豊かな祭りでも

昌原市 鎮東花火落火とホヤ祭り 진동낙화와 미더덕축제

鎮東花火落火祭りは 1,800年前から国に慶事や祭りがある日に開かれる行事だった。 鎮東面蓬莱山と鎮東通りの間のしだれ柳をつないで落火を作り、古賢船場沖合では数十尺の船の帆柱をつないで派手な花火が不夜城として夜空を演出したと伝わっている。

昌原市 故郷の春祭り 고향의 봄 축제

児童文学の巨匠イ・ウォンス先生が昌原ソダプ洞一帯で暮していた当時をしのびながら書いた詩「故郷の春」は、アリランと共に韓国国民が一番親しんで歌 う歌である。「故郷の春」の歌詞一つ一つに昌原の姿と同時に故郷の趣がいっぱいにこもっている。万物が蘇る祝福の季節である春、故郷の春をテーマとした 「故郷の春祭り」を開催して、昌原市民としての自負心はもちろん青少年に故郷への郷土愛を根付かせる。

昌原市 天柱山つつじ祭り 천주산 철쭉축제

天柱山つつじ祭りは先祖代々愛され続けてきた花、つつじを敬う市民の愛郷心と自然を愛するいを込めた祭りとして山腹から頂上まで広がる数千本に及ぶつつじは観光客たちに感動を与えており、全国の山岳人たちが、ぜひとも行きたいと願う祭りである。