為替計算機

アナバエリア

 

 

 

昌原市 海軍士官学校 진해군사학교

海軍士官学校は 1946年 1月 17日開校して以来、多様な領域の海軍人才育成と祖国の海を守護する正、予、海軍将校を養成する学校として知られている。

昌原市 鎭海郵便局 진해우체국

映画「クラシック」で主人ソン・イェジンがジョ・スンウに手紙を出した場所とフォークダンスを踊った講堂でもある。

昌原市 熊川倭城(ウンチョンウェソン) 운천왜성

熊川倭城(ウンチョンウェソン)は南山峰の尾根に沿って山すそまで伸びた石城で、壬辰の乱の時の1593年、小西行長が駆逐して守備した所で、日本軍が第1基地にした所だ。

昌原市 安骨倭城(アンゴルウェソン) 안골왜성

安骨倭城(アンゴルウェソン)は壬辰の乱当時、日本軍たちによって築城された日本式城だ。 日本は壬辰の乱を起こした後、海戦で敗戦を繰り返して軍事的打撃を受け、本国からの補給が円滑ではなかったため、長期間の駐屯のための基地として活用するために、1593年南海岸沿岸一帯の要地に18個の城を築城した。

昌原市 昌原科学体験館 창원과학체험관

基礎科学分野26、生命、環境、機械分野 60、宇宙航空、情報通信分野34の総120のコンテンツで展示館が構成されている。

昌原市 昌原総合射撃場 창원종합사격장

慶南唯一の昌原総合射撃場は、精兵山の秀麗な自然景観と素晴らしい造景で、休息空間と 各種セミナーができる450席規模の施設が完備されており、空気銃射撃場に設置された電子標的、火薬銃射撃場の被弾防止施設とクレイ射撃場の鉛弾の汚染防 止施設などを取り揃えることで、名実共に世界的な総合射撃場として様変りしました。

昌原市 城山貝塚 성산패총

初期鉄器時代の大規模貝塚と三国時代の城郭が確認されていて、各種土器類、骨角器類、 鉄器類、石器類などが出土していて、当時の生活ぶりを研究するのに貴重な資料になっています。

昌原市 慶南都立美術館 경남도립미술관

慶南都立美術館は一年中高い水準の韓国内・外の美術品が展示されていて、周辺には彫刻美術品が設置されています。市民が文化芸術を享有する空間として評価されています。

昌原市 昌原の家/落ち葉通り 창원의집

昌原の家は1898年(光武2年)に順興安氏、安テクヨンの5代先祖の退隠(別称)・ 斗喆先生が居住した家で、先祖の伝統文化と風習を新しい観点で解釈して生きている教育長として活用されています。総面積10,209ヘーホーメートルの上 に14棟の建物と農耕器具などが展示されています。

昌原市 馬金山温泉 마금산온천

馬金山温泉は馬金山の心臓部のふもとの地下200mのところから湧き出し、55度以上 の水温を維持する韓国内唯一の弱アルカリ性食塩泉として知られている。温泉のお湯は高血圧、婦人病を治したい患者たちや温泉客が主に訪れ、温泉にはナトリ ウム、マンガン、硫酸イオンなどの20余種の鉱物質が含まれています。

昌原市 聖住寺 성주사

佛母山の西北の方のすそにある聖住寺は千百余年前、新羅の興徳王の時の無染国師が日本軍を道力によって退けたのを王が国史として田と奴婢を授け、寺を建てて聖人が常在する所だということで聖住寺と名づけられたと伝えられています。

昌原市 桜通り / 天柱山 벚꽃길 천주산

毎年 4月になると、昌原市内全域で桜の波が都市を覆うのが壮観です。特に中央洞教育団地周辺の両側に並んだ桜は、近隣の大通りの傍の連ぎょうと合わさって、春の趣をたっぷり感じらせ、内洞公園では「昌原愛と桜祭り」が開かれたりします。

昌原市 注南貯水池 주남저수지

渡り鳥の渡来地として天恵の条件を取り揃えた注南貯水池は、11月頃になると各種の渡り鳥20余種類、数万匹が越冬のために飛んできて、曲芸飛行をする姿が壮観です。夏鳥や留鳥の棲息地としても天恵の条件を取り揃えた所です。

昌原市 龍池湖音楽噴水

龍池湖水と光、音楽の大饗宴が毎年3月15日から11月15日まで、夜間に毎日2回ずつ公演されて、品格高い都心の休息空間を創り出しています。周辺には指圧歩道と各施設が設置されており、家族の外出にぴったりの空間です。

晋州市行き方 진주시 찾아가는 길

伽揶時代には古寧伽揶の古都として、三国時代には百済の居烈城として、 統一新羅時代には居烈州、青州、慷州と改称され、高麗太祖 23年(940年)に初めて晋州に改称され、 成宗2年(983年)に全国12牧の中の1つである晋州牧となった。