為替計算機

アナバエリア

 

 

 

晋州市紹介 진주시 소개

伽揶時代には古寧伽揶の古都として、三国時代には百済の居烈城として、 統一新羅時代には居烈州、青州、慷州と改称され、高麗太祖 23年(940年)に初めて晋州に改称され、 成宗2年(983年)に全国12牧の中の1つである晋州牧となった。

開天芸術祭 개천예술제

開天芸術祭は地方文化芸術行事の始まりとして、1949年(檀紀 4282年)に政府樹立の実質的な自主独立1周年を称えて、芸術文化の発展のために第1回嶺南芸術祭で開催された。

晋州(チンジュ)論介(ノンゲ)祭 진주 논개제

2002年に初めて開催され、参加人員が10万名に達する晋州伝統芸術祭りだ。

晋州民俗闘牛大会 진주 민속 소싸움대회

晋州の闘牛大会は、新羅が百済と戦って勝った戦勝記念の宴から始まったという説があるほどで、 闘牛大会の発祥地だ。以前は晋州の "クンパン(闘牛)"は南江の白砂浜で行われた 。

晋州流燈祭 진주유등제

燈の願い事かけ、流燈浮かべ、創作燈作り、世界燈展示、各種文化行事

晋州市 晋州うなぎ蒲焼 진주 장어구이

晋州のうなぎ蒲焼は、海や川で育ったうなぎに独特の味付けをして食べる晋州の代表的な料理で生臭さもなく淡白で肉質も柔らかく香ばしい味がします。

晋州市 晋州教坊料理 진주 교방요리

晋州教坊料理は中央の役人たちを接待するための宴会料理から始まった韓定食で、五色燦燗とした教坊交子膳(長方形の膳)は、花畑を膳にしたように並べ方が華やかだ。

晋州市 冷麺(ネンミョン)진주 냉면

晋州冷麺は、そばに冷たいだし汁をかけた平壌冷麺と似ている。麺は近隣の智異山山間地方で栽培したそばで作り、だし汁は肉の代わりにいりこ、しじみ、い貝、干しタラなどの海産物で作ってあり淡白だ。

晋州市 ビビンパ 진주 비빔밥

味と栄養がすぐれていて、朝鮮時代には宮中で好んで食べる料理の一つであり、太宗の時代は漢陽の政丞(議政府)の人たちがビビンパを食べに晋州にたびたび来たという記録がある。

晋州市 偽祭祀飯(ホッチェサパプ) 헛제사밥

偽祭祀飯は、昔米が貴重だった時代、両班だと明らかにして米の飯を食べるのがすまなくて、偽の祭祀を執り行なって祭祀の食べ物を食べたことに来由する料理だ。

晋州市 食べ物体験 진주시 먹거리체험

晋州ビビンバが花飯(コッパプ)、または七宝花盤といわれるのは、 銅黄色の丸い真鍮の器と白色のご飯、そして5つナムルが合わさって、 7つの色の美しい花模様をしているからだ。

◎ 長生桔梗(チャンセントラジ)장생도라지

長生桔梗は、智異山で厳格な管理によって生産される 21年以上の地元桔梗で、丸薬、粉末、キャンディー、美容品など、多様な高機能性製品に加工されて生産・輸出されている。

晋州市 ショッピング 진주시 쇼핑정보

千年の歴史が息づく文化芸術の都市、晋州. 晋州市 ショッピング

晋州市 晋州シルク 진주 실크

昔から晋州シルクは智異山の清い水が作り出す、品質優秀な絹として認められて来た。