為替計算機

安国駅

安国駅

地下鉄3号線の安国駅(アングック・ヨク)の紹介です。韓国の観光地で一番使われる所でしょう。 景福宮・昌徳宮・仁寺洞の観光時には迷わずに、目的地に行けるように導いてくれます。

安国駅 精読図書館

三清洞の中央に位置するところ、精読図書館です。

安国駅 北村生活史博物館

「オレデン・ヒャンギ(昔のかおり)」とサブタイトルのついたこの博物館は、むかし、北村で使われていた生活用品を収集し展示しています。

安国駅 コーヒーパンアッカンー

李氏朝鮮末期に政府の財務官を務めた、ミン・ヒョンギの邸宅(1900年以前に建てられた)を復元した韓屋を、北村の歴史と伝統をを残そうとした文化芸術人たちが協力して作り上げた施設です。

安国駅 北村文化センター

李氏朝鮮末期に政府の財務官を務めた、ミン・ヒョンギの邸宅(1900年以前に建てられた)を復元した韓屋を、北村の歴史と伝統をを残そうとした文化芸術人たちが協力して作り上げた施設です。

安国駅 ウンヒョン・宮(グン)

李朝末期の典型的な建築様式の雲?宮は、現在、史跡第257号に指定されており、2,148坪の敷地内に建物6棟(本体5棟、廊下1棟、総合414坪)が建っています。

安国 北村韓屋村-苑西洞(ウォンソ・ドン)路=昌徳宮路(チャンドックン・ギル)

左側には多くの韓屋が並び、右側の石垣越しに昌徳宮が見える所です。ここの道には、宮殿と関わっていた人々、工房・宮中料理研究院・洗濯場と呼ばれる所などがあります。

安国 北村韓屋村-桂洞(ケ・ドン)路

素朴な日常を感じられる路地です。現在と過去が折重なっている地域です。

安国 北村韓屋村-嘉会洞11番地

この地域も嘉会洞13番地同様、美しい韓屋が多く立ち並び、博物館や工房、体験館が集まっています。どれかひとつ選んで参加してみたいですね。

安国 北村韓屋村-嘉会洞31番地

細い道を上がって昔の銭湯の煙突が見えます。 この道をずっと登ると右には韓屋が並び、左には景福宮・仁王山・青瓦台などの広大な景色が一望出来ます。

安国 北村韓屋村-井(ポクチョン)通り

細い道を上がって昔の銭湯の煙突が見えます。 この道をずっと登ると右には韓屋が並び、左には景福宮・仁王山・青瓦台などの広大な景色が一望出来ます。

安国 北村韓屋村-花洞(ファ・ドン)通り

この北村韓屋村は、北には北漢山が、南には鐘路、東西には世界遺産の昌徳宮と景福宮があり、李氏朝鮮時代の高級高官が住んでいたといわれています。

安国 北村韓屋村-三清洞(サンチョン・ドン)通り

数多くのおしゃれなギャラリーやブティック・カフェが並んでいる、散策路です。

安国 北村韓屋村-嘉会洞(カフェ・ドン)通り

松の木が美しい道です。北村では最も多く、美しく韓屋が保存されている地域です。

安国 北村韓屋村-斎洞(チェ・ドン)通り

この北村韓屋村は、北には北漢山が、南には鐘路、東西には世界遺産の昌徳宮と景福宮があり、李氏朝鮮時代の高級高官が住んでいたといわれています。