為替計算機

南浦洞観光

 

南浦洞 国際市場

国際市場は、一時釜山が韓国で一番取り引きの規模が大きい商業都市として名を馳せるようにした象徴的な存在で、「ドッテギ市場」とも呼ばれており、市場の規模が大きくて外国の品物でも無いものがないだけでなく、あれこれ選り分けないまま掃き集めて、品物を売買するドゴリ(まとめ)市場、まとめて取り引きするという意味でそんな名前になったと言います。

釜山 チャガルチ市場

釜山の朝を一番早くスタートさせるチャガルチ市場! 釜山の人々の朝のメニューのおかずに上る数多くの海産物が、前日の夜の闇をぬって、陸地と海の道を走って集まるこの場所には、毎日多くの人々が集まります。チャガルチ市場の慌ただしさと、チャガルチのおばさんたちの強いなまりのある叫び…特に夜と朝をつなぐ共同魚市場とチャガルチ市場の姿こそ、釜山の朝を象徴するものです。

釜山 龍頭山公園・釜山タワー

「サイボーグだけど大丈夫」、「死生決断」、「オアシス」映画のタイトルだけを聞いてもうなずけるこの3つの映画の共通点は、釜山映画撮影スタジオで撮影されたということです。映画の中の1シーンを連想させる広い船着き場、国内スタジオの中で単一最大規模を誇るサウンドステージを含め、特殊撮影のためのグリーンマット、ローディング室とメイクキャップ室、監督室などの附帯施設を取り揃えている釜山映画撮影スタジオ。

釜山 PIFF広場(ピップクァンジャン)

PIFF広場は釜山国際映画祭の中心舞台である釜山市中区南浦洞で、1996年から釜山国際映画祭が開催されながら、映画館通りを新しく作り直し、その一帯をPIFF広場と名付けるようになりました。