為替計算機

陜川郡

陜川郡 韓牛カルビ

食堂の門を開いて入って行けば、すぐ店の主人が牛を部位別に選んでお客さんの膳にあげてくれる。

陜川郡 山菜韓定食(サンチェハンジョンシク)

山菜が豊かな伽揶山の食堂は、秋の天然松茸を含め、春のチャムナムル、しらやまぎく、おたからこうなど自然のナムルを季節ごとに採取して、店の主人が直接料理してくれ、おいしくて小奇麗だ。

陜川郡 蔓人参定食(トドクチョンシク)

陜川の海印寺周辺の食堂は、伽揶山ふもとで自生する蔓人参、シイタケ、ワラビ、しらやまぎく、桔梗などを香ばしいテンジャンチゲとともに出す。特に店長の奥さんの手で味付け、料理した松茸定食と蔓人参定食の味が一品だ。

陜川郡 伽揶パプリカ

伽揶山パプリカは伽揶山の清い自然環境で、こだわりの方法で生産されていて、安全性が高くて日本でも好評だ。

陜川郡 陜川黄土韓牛

脂肪がまんべなく分布されていて、肉質が柔らかくて味が淡白だ。黄土の酵素作用で抗菌力がすぐれている。 生産、屠畜、加工、流通管理を徹底的にした親環境食品だ。

陜川郡 菊のお茶

不眠症緩和、視力回復、 ビタミンが豊富で冬の風邪の予防に特效、気管支系統に良い。

陜川郡 2011 大蔵経千年世界文化祝典

2011年は韓国の知識文化の集結体である大蔵経が製作されてから千年になる歴史的な日だ。 2011 大蔵経千年世界文化祝典は人類史最大の文明叢書であると同時に、人類最高の木版芸術である大蔵経の意味と価値を全世界に拡散して、大蔵経千年の知恵を引き継ぐ新しい知識文化革命の可能性を模索するためだ。

陜川郡 黄江レポーツ祭

清い水と青い森、 美しい銀色白砂浜が広がる黄江と、黄江レポーツ公園で毎年 7月末に盛大に開催される。http://www.합천마라톤.kr/

陜川郡 黄梅ツツジ祭

真紅色に赤く染まった全国最大のつつじ群落地と全国一の登山コースとして知られたモサンゼ、奇岩怪石が屏風のように包み抱えている新羅古刹である霊巌寺址が位置している黄梅山郡立公園では、毎年 5月初黄梅山つつじ祭が開かれる。黄梅山つつじ祭はつつじ祭礼、山上音楽会、観光客たこ揚げ、黄梅落書き版、食べ物市場などの行事が開かれて、つつじ祭行事当日は毎年 3万人以上の観光客が訪れて、食べ物とつつじを楽しむ。

陜川映像テーマパーク

映画<太極旗翻して>、ドラマ<エデンの東>,<ソウル1945>

陜川郡 玉田(オクジョン)古墳群

黄川の川辺の野山の頂上部に位置していて、古塚古墳 27基を含み、古墳の総数は約 1,000基に達すると推算される。この遺跡は 1985年冬から 1992年春まで 5次にわたって慶尚大学校博物館によって発掘調査が実施された。今まで発掘調査された古墳は皆 146基だが、遺物は土器を含めて鉄製の鎧と兜、各種武器、馬の装飾、耳飾りなどおおよそ 2,500余点が出土された。

陜川郡 陜川博物館

伽揶時代多羅国の支配者の墓地として知られている玉田古墳群の遺物の中で、史料的価値が高い竜鳳文様環頭の大刀と金製耳飾を始め、各種装身具、鉄器類、土器類など、多羅国の歴史と文化が分かる遺物 350余点を常設展示してあり、観覧客の理解を助けるために実物大に修復した伽揶時代多羅国支配者の墓と、多羅国都城のミニチュア及び多様な映像資料が揃っている。

陜川郡 涵碧楼(ハムビョンル)

陜川 8景の内、第5景である涵碧楼(ハンビョンル)は高麗忠粛王 8年(西紀 1321年)に陜州の知郡、金某が創建し、数次にかけて重建した。翠滴峰のすそにあり、黄江正陽湖をのぞむ秀麗な風景のため、多くの詩人や文人たちが風流を楽しんだ場所で、退渓・李滉、南冥・曹植、愚菴・宋時烈などの文が楼閣内部の懸板としてかかっていて、後ろの岩壁に刻まれている "涵碧楼 "は宋時烈の字だ。 涵碧楼は正面 3間、側面

陜川郡 陜川湖百里桜通り

龍洲面黄渓里は亀蔵山渓流が風光明媚で、周辺の岩壁が屏風のように囲まれていて険しい。景色も絶景なので、20メートルの高さの絶壁の上から落ちる滝の音は雷鳴のようであり、水量は多少違うが枯れる時はなく、真夏でも暑さを忘れさせてくれる。

陜川郡 黄梅山モサンゼ

龍洲面黄渓里は亀蔵山渓流が風光明媚で、周辺の岩壁が屏風のように囲まれていて険しい。景色も絶景なので、20メートルの高さの絶壁の上から落ちる滝の音は雷鳴のようであり、水量は多少違うが枯れる時はなく、真夏でも暑さを忘れさせてくれる。