為替計算機

河東郡

 

河東郡紹介 하동군 소개

河東郡 行き方 하동군 찾아가는 길

河東郡 平沙里公園 평사리공원

河東郡岳陽面平沙里に位置する『平沙里公園』は、河東邑と求礼の区間の中間地点に位置している。

河東郡 韓屋体験館 한옥체험관

朴景利の大河小説「土地」の背景の地である平沙里に、文学と韓屋体験が可能な建築物として建てられ、独立的な生活機能を持った形態(ペンション)で、外部構造と露出した部分は伝統韓屋を考証して建築した。

河東郡 河東松林 하동송림

朝鮮英祖21年(1745)に、当時都護府使が川風と砂風の被害を防ぐために松林を造成したものが、今日国内きっての老松林として知られ、繊津江の白い砂浜と合って、夏の避暑客がよく訪れる名所である。

河東郡 七仏寺 칠불사

智異山般若峰の南側の海抜約800mの高地に位置する七仏寺は、三国時代の初期に金海地方を中心に洛東江流域にあった伽耶、一名駕洛国の太祖であり同時に現在、金海金氏の始祖である金首露王の7人の王子が、ここへ来て修道をした後皆悟りを開き、7人の王子の悟りを開いた消息を聞いた首露王はとても喜んだ。

河東郡 白蓮里陶窯址 백련리 도요지

白蓮里焼き窯跡は、16世紀末か17世紀初めのものと推定されていて、粉粧、粉青、白磁、象嵌白磁などを焼いた所であり、白蓮里磁器村と村の後方の山に4つの焼き窯の跡がある。

河東郡 三聖宮 삼성궁

青岩面黙渓里にあり、韓民族の霊山である智異山の懐深く青岩面青鶴洞の山道を回って1.5Kmほど歩くと、 海抜 850mに三聖宮がある。

河東郡 平沙里崔参判宅 평사리 최참판댁

東学革命から近代史までが舞台の、韓民族の大叙事詩、 朴景利(韓国の女流小説家)の大河小説 “土地”の背景であるここ平沙里には、 小説の中の崔参判宅が韓屋14棟で造られており 、 朝鮮後期韓国民族の生活の様子を現した草庵、遺物等、ドラマ“土地”のセット場もある。

河東郡 花開市場 화개시장

慶尚南道と全羅道をつなぐ花開市場は、解放前まで韓国5大市場の1つとして、 全国どの市場より多くの人で賑わった所だ。

河東郡 茶文化センター 차문화센터

茶文化センターは、茶の始培地としての河東郡が、茶文化の伝統を継承、発展させ、 河東緑茶の優秀性を知らせる場であり、場所は茶始培地及び双渓寺と接している。

河東郡 茶始培地 차 시배지

新羅善徳女王の時代、唐から初めて茶が入って来たという。

河東郡 双渓寺 쌍계사

この寺は、 新羅聖徳王21年に大悲和尚と三法和尚が、 唐の国から六祖の頂相を持ち帰り夢の中で、智異山谷雪里葛花処に奉安せよ」という啓示を受け、虎の導きをもってこの場所を見つけ出し寺を建てて祖師を奉安して玉泉寺と名づけた.

河東郡 しじみ 하동 재첩

しじみは昔から肝臓病、黄疸などに良く、病気の後で体が弱くなった人を保護するときも良いといわれるが、今はそれが栄養学的に証明されている。

河東郡 河東大峯柿 곶감

たっぷりの日照を浴びて生産された岳陽谷の大峯柿は、旨みと色、模様が美しくて、 昔王様の献上品として名高い伝統果物の政府品質認証を獲得した。

河東郡 河東梨 하동 배

智異山麓の蟾津川辺の良い砂土から生産された無公害の河東梨は、糖度が高く石細胞が少なく、 肉質が柔らかくてジュースが多く、芳しい味が逸品である。ビタミンが多く、 日本などの海外へ輸出しており、政府品質認証も獲得している。